臭いが気になった場合は不動産業者に相談する

不動産

臭いが気になった場合は不動産業者に相談する

自分が生活したいと考えている賃貸物件を内見する場合は、臭いを確認するようにしましょう。
この臭いの部分をしっかりと確認しないままで契約を行ってしまうと、少しの間、自分が臭いに悩まされながら生活をしなくてはならない状況になってしまいます。
どんな臭いがあるのかと言いますと、タバコ等になります。
自分が契約をする前の入居者の人が、どんな人だったかと言うのはなかなか把握をするのが難しい部分ではありますが、タバコを吸う人だった場合は、臭いが残っている可能性があります。
臭いは少しの時間、放っておくと解消される傾向がありますが、解消されるまでの期間、我慢しなくてはならないと覚えておくようにしましょう。
内見をした際に不動産業者の人に、多少臭いが気になると伝えることによって、自分が入居するまでに、その臭いを解消してくれる工夫を行ってくれる場合があります。
自分で行わなくてはならないと考えて、契約をあきらめる人もいますが、しっかりと伝えることによって、不動産業者の人が行動してくれると覚えておくようにしましょう。

賃貸住宅の保証人になる時は慎重に判断

自分の家族や友達から賃貸住宅の入居審査による保証人になってほしいとお願いされることがありますが、家族の場合はやはり家族同士ということもあり協力する事が大事になるので賃貸住宅の保証人になってとお願いされたら保証人になってあげることが大事ですが、家族以外の人からお願いされた場合はやはり慎重さが必要になります。
保証人になった場合は契約者が家賃などを支払えない場合などはあなたが代わりに支払う必要があるので万が一の事態の時にはあなたに大きな負担が出てきます。
つまり、保証人になるのであれば、きちんと家賃を支払うことができる人かどうかを判断する必要があります。
お金にルーズだったり、今まで家賃や金融業者の支払いなどを滞納したことがある人の場合は、少し不安になりますから保証人をお願いされても断る勇気が大事です。
今までお金の面で問題がない人であればその人の人格を見て保証人を引き受けるというのもその人の関係性を良くするためには大事です。