集合住宅の専有部分と共用部分の境はどこか

不動産

集合住宅の専有部分と共用部分の境はどこか

マンションにおいて、ベランダやバルコニーが共用部分であることはよく知られています。
洗濯物を干したり、ガーデニングをしたりする人もいますが、基本的にはあまりものを置いてはいけません。
災害などが起きた時に、その部分が避難通路になる可能性があります。
実際はよほどのことが無ければ自由に使えます。
細かいことを言ったとき、集合住宅の専有部分と共用部分の境目はどこにあるのかです。
これは、壁の内側か外側かになるようです。
壁自体は共用部分になりますが、壁の表面部分は専有部分になります。
窓や網戸は共用部分になり、玄関の扉も共用部分です。
共用部分なので、勝手に交換などはできません。
玄関が共用部分になるのはよく知られています。
マンションなどで、ある部屋の扉だけ異なるなどはないでしょう。
すべてのマンションの扉が同じであったり、景観が揃えられています。
窓や網戸も同様の理由です。
勝手に異なるものを取付けると景観が崩れるため、勝手には取り換えることができません。

土地を売却する時には不動産屋を活用しよう

自分が所有している土地が必要なくなった時にはそれをお金に換えるというのも得策になります。
そこで、自分で土地の売り込みをするのは大変ですし、時間があまりない人にとってはなかなか売り込み活動ができないですから土地を売却するのにかなりの時間を要する可能性があります。
そこで、手っ取り早く売却出来る方法として不動産屋に自分の土地を売却したり、不動産屋に手伝ってもらって自分の土地の売り込み作業をしていくのがお勧めです。
不動産屋の力を借りることによって、自分で売り込みをしていくよりも効率が良く、早めに売却できる可能性があるのでお勧めです。
特に、需要が高い不動産屋ですとそれだけお客さんも多いですから場合によってはすぐに土地を売却できる可能性があります。
どこの不動産屋にお願いするかで状況が変わってくる可能性があるので、不動産選びは慎重にします。
土地を多く扱っている不動産屋の方が早めに売却できる可能性があります。